明治38年の風雨

災害年月日
1905年08月02日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月2日午後8時頃から降雨があり、9時頃から激しい風雨となった。このため、河川の水位は3尺程上がり、満潮と重なって沿岸地域では多大の損害となった。被害は家屋の崩壊3棟、浸水138戸、耕地の浸水6町8反、流失・埋没大豆16石、小豆5石、里道破損10箇所90間等に及んだ。復旧については、県補助1,322円余と村民の寄付金・賦課金1,927円余により、長年月を経て竣工した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 満潮 洪水
NO.
愛媛3315

よく似た災害

明治24年の風雨

明治24年(1891)8月16日午後2時頃から東南の風が吹き、雨もひどくなり、4時から6時の間に風向が北寄りに変わると風圧が強まり、戸障子を倒したり、... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日夕6時頃から東風が強く、ついで南風から西風に転じた。午後11時~12時頃、猛烈な風雨となり、高汐も起こり、人家、田畑に... 続きを読む

明治32年の強風

明治32年(1899)8月28日、午後3時頃から、終夜吹き止まず、夜半になって最大稀有の狂風となった。負傷者4人、家屋の転倒94戸、半壊50戸に及ぶ大... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日午後4時頃から南東の強風が起こり、9時には風向が東方に転じて暴風雨となった。夜11時に最も激しく、翌11日午前2時に風... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日午前8時頃から、台風による豪雨で川水があふれ、堤防の決壊は数箇所に及んだ。午後7、8時頃に高潮により海浜が洗われ、海水... 続きを読む