昭和43年の大雪

災害年月日
1968年02月15日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月15日、低気圧が発達して東予・中予の平野部及び東予の山間部で大雪となり、雪害が発生した。北条市の平野部でも20cmを越す積雪があり、みかん樹木の枝折れとスギ・ヒノキ・マツの倒木、幹折れが起こり、被害総額は16億7,400万円にのぼった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、63頁及び70頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛3438

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日、大雪により、平野部で47cm、山間部で54cmの積雪があり、農作物に被害を与えた。 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、豪雪によりみかん、松等の枝が折れ、被害が甚大であった。 続きを読む

昭和49年の大雪

昭和49年(1974)2月7日午後3時30分頃から降り始めた雪は8日朝までに、脇町の平野部で20cmの積雪となり、山間部のバスがストップするなど交通が... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日、大雪のため、平野部で47cm、山間部で54cmの積雪があり、農作物に被害を与えた。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日午後2時頃、香川県地方に大雪警報が出された。これは昭和16年に高松地方気象台が開設されて以来初めてのことであった。大雪... 続きを読む