延宝元年の洪水

災害年月日
1673年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
延宝元年(1673)、石手川が氾濫し、城下町の人たちが掘端の堤の上に避難するほどの大混乱を呈した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市誌編集委員会編「松山市誌」(松山市、1962年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川
NO.
愛媛3516

よく似た災害

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)、石手川の洪水が大きく、城下町にも浸入したので、民衆は城郭の堀の土手の上に避難するほど大混乱となった。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む

天正10年の洪水

天正10年(1582)9月5日、大雨により吉野川大洪水。土佐の長宗我部元親の軍勢が勝瑞城の三好存保を包囲攻撃中であったが、吉野川の洪水の経験がない長宗... 続きを読む

宝暦6年の洪水

image

宝暦6年(1756)、吉野川で大洪水。牛島村(鴨島町牛島)は大洪水に見舞われ、岸之上に築いていた堤防が崩れるほどの大被害となった。途方に暮れる村人の姿... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により民家破損3千余戸、池の堤防破損、余震が続き人はみな屋外に避難する。 続きを読む