寛文13年の洪水

災害年月日
1673年06月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
寛文13年(1673)5月、洪水で石手川の堤が4箇所切れる。復旧工事に町人足1万人が出る。(「松山町鑑 一」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、209頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防決壊 松山町鑑
NO.
愛媛3547

よく似た災害

延宝4年の洪水

延宝4年(1676)5月16日、洪水で伊予郡垣生村、市之坪村の堤が切れ、町方人足50人出す。(「松山町鑑 一」による) 続きを読む

延宝2年の台風・高潮

延宝2年(1674)8月17日、大風高潮のため、三津町家々多数大破。藩船すべて陸上に押し上げられる。船下ろしに松山町方から人足1,019人差し出す。(... 続きを読む

正保元年の井関池決壊

image

正保元年(1644)8月、大雨のため井関池の堤が切れる。9月から復旧工事が始まる。 続きを読む

寛延2年の洪水

image

寛延2年(1749)、大洪水で井関池の堤60m余り切れる。 続きを読む

寛政3年の洪水

寛政3年(1791)8月20日、川田川の堤防が中御前神社あたりで西側に切れた。拝殿は流れたものの、壊れず、藪中に北面して立っていた。その後、復旧工事中... 続きを読む