享保14年の台風・高潮

災害年月日
1729年09月11日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  高潮  
概要
享保14年(1729)8月19日夜の風は4,50年来の大風で、海岸部では高潮の被害が多く、三津街道の並木の松・杉が倒れ、松山・三津間の交通が途絶えたほか、各地の松などが吹き倒された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、262頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 交通途絶
NO.
愛媛3566

よく似た災害

明治9年の暴風

明治9年(1876)、暴風により、家が倒れ、木が倒し、船が吹き飛ばされた。 続きを読む

元禄15年の台風

image

元禄15年(1702)7月28日、大風があり、松山城の鯱が落下し、城山の松318本が倒れ、侍屋敷20軒、町屋20軒、百姓家2,889軒が倒壊、死者16... 続きを読む

昭和47年の洪水

昭和47年(1972)7月5日、洪水により、物部川にかかる香我美橋(土佐山田町神母木)の橋脚が洗われ、中央部が陥没して交通が途絶した。写真1枚。 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日より10日にわたり台風9号が来襲した。神母樋門の門扉は大音響とともに大破し、濁流は渦を巻いて逆流、たちまち国道、国鉄線路... 続きを読む

昭和32年4月の大雨

昭和32年(1957)4月19日~23日、低気圧による大雨が県下各地を襲い、特に中予松山付近の内川、小野川が増水し、護岸の決壊を生じた。また、県道郡中... 続きを読む