明治6年8月の台風

災害年月日
1873年08月29日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)8月29日、暴風雨により、重信川など河川が氾濫して、各地に甚大な被害を与えた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第3巻」(松山市、1995年)、222-223頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 重信川
NO.
愛媛3568

よく似た災害

大正2年の降雹

大正2年(1913)4月、梅の実大のひょうが降り、農作物に甚大な被害を与えた。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、土佐湾台風(台風10号)が高知県を直撃し、満潮と重なり、高知市を中心に甚大な被害を与えた。写真4枚。 続きを読む

明治6年の台風

明治6年(1873)6月30日より7月7日まで、暴風雨により、諸川が氾濫し、被害多し。 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日朝、台風が土佐湾を北上し、紀伊水道から大阪付近に上陸後、日本海に抜けた。県全域が暴風雨となり、各地に甚大な被害をもたらし... 続きを読む

昭和28年の宮川内谷川の洪水

昭和28年(1953)9月25日、宮川内谷川が氾濫し、戦後最大の被害を与えた。被害は板西町で半壊家屋2戸、床上浸水25戸、栄村で全壊家屋1戸、流失家屋... 続きを読む