明治25年の大火

災害年月日
1892年03月15日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
火災  
概要
明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒を焼失する大火となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第3巻」(松山市、1995年)、222-223頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 南八坂町
NO.
愛媛3585

よく似た災害

明治25年の大火

明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒焼失。(「松山叢談」による) 続きを読む

明治29年の火災

明治29年(1896)8月13日、西外海村船越の中心部から火災が発生し、50余戸を焼失する大火事となった。 続きを読む

昭和27年の大火

昭和27年(1952)1月25日、本町3丁目から出火した火は、23戸を焼失させ、207人の罹災者を出す大火となった。(写真1枚) 続きを読む

明治17年の火災

明治17年(1884)3月24日、佐川東町から出火し、30余軒を焼失した。 続きを読む

平成元年の鵜島の山火事

平成元年(1989)4月16日、山火事により、鵜島の総面積の3分の1を焼失する大火災となったが、家屋や人身被害はなかった。 続きを読む