昭和32年の強風

災害年月日
1957年12月18日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和32年(1957)12月18日~19日、寒風のため、松山ー宇品、松山ー尾道などの小型定期船が欠航。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、219頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
季節風
NO.
愛媛3593

よく似た災害

昭和31年の強風

昭和31年(1956)12月5日、県下各地で西寄りの季節風が強く、松山の瞬間最大風速は23.5mに達した。海上は風波が高く、海難事故や定期航路の欠航が... 続きを読む

平成2年11月21日の強風

平成2年(1990)11月21日、強い冬型の気圧配置のため、北西の強風が吹いた。7時30分頃、一人乗りの小型漁船が阿南市伊島漁港を出た直後に波を受けて... 続きを読む

平成2年11月21日の強風

平成2年(1990)11月21日、強い冬型の気圧配置のため、北西の強風が吹いた。7時30分頃、一人乗りの小型漁船が阿南市伊島漁港を出た直後に波を受けて... 続きを読む

昭和57年11月の強風

昭和57年(1982)11月29日~30日、2つの低気圧が発達しながら日本海中部と西日本南岸を通り、徳島県では強い風雨に見舞われた。このため、農業関係... 続きを読む

昭和57年11月の強風

昭和57年(1982)11月29日~30日、2つの低気圧が発達しながら日本海中部と西日本南岸を通り、徳島県では強い風雨に見舞われた。このため、農業関係... 続きを読む