昭和40年の火災

災害年月日
1965年12月22日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
火災  
概要
昭和40年(1965)12月22日昼、銀天街の北端で大街道商店街と道路をはさんで連なるところの商店7軒が全半焼した。9月に各商店が資金を出し合って、四国初のカラー舗装をしたばかりだった。原因は石油ストーブへの引火で、火のまわりが早く、商品の大部分が焼失した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、307頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 銀天街
NO.
愛媛3595

よく似た災害

昭和39年3月の火災

昭和39年(1964)3月15日午後10時半頃、宿毛市水道町の喫茶店から出火し、店舗、事務所、民家など10戸を全焼、20戸を半焼し、16日午前0時半頃... 続きを読む

昭和3年1月の火災

昭和3年(1928)1月8日午前1時頃、那賀郡富岡町(阿南市)の県立富岡中学校で火災が発生し、12棟総建坪947坪を焼失した。原因は同校生徒の犯行であ... 続きを読む

昭和28年の火災

昭和28年(1953)10月19日早朝、落合下町から出火し、東豊永村村役場ほか12戸が全焼した。この役場の火事で、明治以来保存されてきた貴重な記録が焼... 続きを読む

天保10年11月の火災

天保10年(1839)11月6日夜、日和佐浦で大火、町家600軒ばかり焼失した。(「阿陽市街実記」による) 続きを読む

昭和35年の火災

昭和35年(1960)3月28日、東土居の豊永駅前で大火が発生し、26戸が全半焼した。火災の原因は、火災保険金詐取のための放火であったことが、後日警察... 続きを読む