昭和49年の火災

災害年月日
1974年02月22日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
火災  
概要
昭和49年(1974)2月22日、火災が発生し、道後温泉の歓楽街「ネオン街」で旅館、バー、みやげ物店など10軒が全半焼した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、307頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 ネオン街
NO.
愛媛3596

よく似た災害

昭和39年7月の火災

昭和39年(1964)7月26日、宿毛市中心街で商店など31棟が全半焼、26世帯119人罹災。(高知新聞による) 続きを読む

昭和35年の火災

昭和35年(1960)3月28日、東土居の豊永駅前で大火が発生し、26戸が全半焼した。火災の原因は、火災保険金詐取のための放火であったことが、後日警察... 続きを読む

宝暦7年の火災

宝暦7年(1757)10月29日夜ハツ時(午前2時)、上地で火災が起こり、家5軒が全焼した。 続きを読む

昭和32年の宮内の火災

昭和32年(1957)3月14日午後2時頃、窪川町宮内で出火し、5戸が全半焼し、午後4時鎮火した。 続きを読む

昭和37年の火災

昭和37年(1962)12月19日、須崎市で工場など7棟が全半焼。(高知新聞による) 続きを読む