昭和40年の大雪

災害年月日
1965年01月12日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
雪害  
概要
昭和40年(1965)1月11日未明から県下を吹き荒れた季節風は12日早朝から雪を伴って中予地方で激しい吹雪となり、松山市の積雪は6cmで、昭和5年以来35年振りの大雪となった。このため、市内で臨時休校する小中学校や休業する商店も出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、308頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛3598

よく似た災害

大正5年の大雪

大正5年(1916)12月27日、大雪は1尺の積雪となった。 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月10日、発達した東シナ海低気圧が四国沖を通ったため、県下一帯、特に剣山北斜面で大雪となり、30cmの積雪を見た。徳島でも27c... 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月10日、発達した東シナ海低気圧が四国沖を通ったため、県下一帯、特に剣山北斜面で大雪となり、30cmの積雪を見た。徳島でも27c... 続きを読む

昭和51年1月10日の大雪

昭和51年(1976)1月10日~12日、寒波に見舞われ、県下各地で雪となり、山間部のバスは麻痺状態となり、小・中学校では臨時休校するところが多かった... 続きを読む

昭和51年1月10日の大雪

昭和51年(1976)1月10日~12日、寒波に見舞われ、県下各地で雪となり、山間部のバスは麻痺状態となり、小・中学校では臨時休校するところが多かった... 続きを読む