昭和43年の突風

災害年月日
1968年11月10日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和43年(1968)11月10日午後6時頃、突風と高波により、高浜漁港の伊予鉄道と関西汽船共有の長さ約90mの浮桟橋のうち、岸壁より約30mが沈没した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、309頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
突風 高波
NO.
愛媛3601

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、松山市で風速40.7mを記録。市内の幹線道路は、排水や下水路の整備が悪く、水浸しとなった。また、松... 続きを読む

昭和7年の強風

昭和7年(1932)3月16日、西よりの強風が吹き、風浪高く、仲多度郡白方村沖で機船(49トン)が沈没し、16人が溺死した。また、三豊郡豊浜町沖では帆... 続きを読む

昭和31年3月の強風

昭和31年(1956)3月12日10時頃、強風のため、宇多津沖で汽船(120トン)が沈没した。(高松地方気象台「異常気象速報」による)/高松の最大風速... 続きを読む

昭和8年の台風

昭和8年(1933)10月、台風により、瀬戸内海で屋島丸が沈没した。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、井口港桟橋、盛漁港桟橋とも大破沈没し、盛桟橋は復旧不能となり、新設したのをはじめ、井口一番二番浜の... 続きを読む