承応元年の洪水

災害年月日
1652年09月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
承応元年(1652)8月、大洪水により、石手川の堤防が決壊し、市坪の田地が流失した。
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防決壊 市坪
NO.
愛媛3999

よく似た災害

承応元年の洪水

承応元年(1652)、大洪水により、砂入り、永川となった。(「余土村誌」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日、石手川の大洪水により、市坪は押し流され、数十戸が流失した。この時以来、市坪の集落は、少しでも高い所へと上流の現在地に移... 続きを読む

明和元年4月の洪水

明和元年(1764)4月13日、大雨による出水で、荒神の後の堤防が決壊し、取り苗が流失した。(「世用日記」による) 続きを読む

承応元年の風雨

承応元年(1652)、風雨。 続きを読む

承応元年の山崩れ

承応元年(1652)8月、柳瀬地区の裏山が崩壊し、民家6戸埋没。(「柳瀬部落誌」による) 続きを読む