元禄15年の洪水

災害年月日
1702年08月21日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
元禄15年(1702)7月28日、松山で大風により、城の鯱落ちる。城山の松木318本折損、潰家侍家屋敷23軒、町や20軒、百姓家2,389軒、死者男女16人。(「垂憲録拾遺」による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、35頁及び44頁及び46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 松山城の鯱 死者 垂憲録拾遺
NO.
愛媛4001

よく似た災害

元禄15年の台風

image

元禄15年(1702)7月28日、大風があり、松山城の鯱が落下し、城山の松318本が倒れ、侍屋敷20軒、町屋20軒、百姓家2,889軒が倒壊、死者16... 続きを読む

元禄15年7月の台風

元禄15年(1702)7月27日、28日、暴風雨により、潰家1,584戸、死者20人、牛馬死8頭、折損木多し、損毛2万石。(「伊予風水害小史(宇和島御... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月15日、石手川洪水により、堤防117,141間が損壊。被害は田畑3,716町余、流家889軒、死者男女72人、根起木429本... 続きを読む

慶安元年の地震

慶安元年(1648)2月5日、松山大地震。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)、石手川の堤防が決壊し、城下町の代官町付近まであふれる。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む