享保7年の洪水

災害年月日
1722年08月04日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
享保7年(1722)6月23日、大洪水により、堤防153,636間が損壊。被害は、田畑3,262町余、百姓家流失307軒、潰家1,171軒、用水樋門及び樋流失24箇所、漁船破損・流失6艘、風折根起木4,720本、用水井手落413箇所、川井関落2,687箇所、橋流落4箇所、池66箇所、用水泉堀潰20箇所、山潰3,778箇所、川流死人男女88人、牛馬流20疋。洪水が続いたため、藩は享保8年(1723)に西条の浪人大川文蔵を起用して、石手川の根本的な改修を開始した。
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、35頁及び45-46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者 大川文蔵 石手川
NO.
愛媛4004

よく似た災害

享保7年の洪水

享保7年(1722)8月4日、洪水、大損毛。前年に倍する大洪水なり。世にいわゆる「丑寅の洪水」と称するは享保6、7年の洪水のことなり。(「中村町史」に... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月15日、石手川洪水により、堤防117,141間が損壊。被害は田畑3,716町余、流家889軒、死者男女72人、根起木429本... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日大雨により洪水が発生し、水が西門から入り、三丸大御門の土橋が切れた。このため、6月27日~29日の3日間で合計350人で... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、阿波国で洪水のため、83,375石余が損亡、潰家311間、溺死1人、流死牛馬6匹。(「阿淡路年表秘録」による) 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月15日、風雨による洪水があり、石手川洪水につき御出馬、家中の面々過半が出る。(「松山叢談」による)この洪水により、浜手・池・... 続きを読む