文政5年の洪水

災害年月日
1822年07月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
文政5年(1822)6月、内川で大洪水があり、井手框が流損し、堰構築の資材が流失した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、321頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 内川
NO.
愛媛4062

よく似た災害

文政5年の洪水

文政5年(1822)6月、内川で大洪水があり、井手框が流損し、堰構築の資材が流失した。 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)、石手川、内川が大決壊し、市坪村が流損し、余戸村の出合は海の如くになった。(「余土村誌」による) 続きを読む

文政12年の洪水

文政12年(1829)7月17日~18日の洪水により、安原の岩部で、家屋7軒、人11人、牛2匹、馬1匹、田5反7畝が流失した。(木徳村津島所蔵文書によ... 続きを読む

文政9年の台風

文政9年(1826)秋、台風により、郷東の香西道の北堤防が50間決壊し、東新開の耕地2町歩、民家3戸流失、7戸が浸水した。また、海岸堤防は50間決壊し... 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日、石手川の大洪水により、市坪は押し流され、数十戸が流失した。この時以来、市坪の集落は、少しでも高い所へと上流の現在地に移... 続きを読む