明治29年の豪雨

災害年月日
1896年10月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1896)10月、稲の完熟期に豪雨があり、午後3時頃に北方海上地区の三嶋神社裏の重信川左岸が150m程切れた。重信川の本流は猪之窪、せんだの窪を経て、西古市東の低部から南方の森地区を流れ、相の川から表川に至る田も稲も流失し、その流域40町歩は全くの河原となった。復旧に当たっては、決壊場所に巨岩で丈夫な石畳式堤防を築き、耕地は最長15年の免租措置によって、地主負担で復旧した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、119頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 重信川 三嶋神社 堤防決壊
NO.
愛媛4086

よく似た災害

明治34年6月の洪水

明治34年(1901)6月30日、前日来の雨が止むことなく降り、夜になって重信川出水。横河原の西堤防決壊1町余に及び、天王社の東及び地蔵土手の外を南下... 続きを読む

明治34年6月の洪水

明治34年(1901)6月30日、前日来の雨が止むことなく降り、夜になって重信川出水。横河原の西堤防決壊1町余に及び、天王社の東及び地蔵土手の外を南下... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)、喜来は大水で河原となった。吉野川が西崎より切入、河原となった。(上田氏文書による) 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月10日、重信川が横河原付近で堤防決壊。 続きを読む

明治38年の水害

明治38年(1905)、水害により、宮窪村では道路、橋梁の破損が18箇所に及んだ。村では年間予算の6割強に当たる2,230円余を借り入れ、災害復旧に使... 続きを読む