大正11年の降雹

災害年月日
1922年11月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
その他(ひょう)  
概要
大正11年(1922)11月、稲の完熟が遅れていたところ、蚕豆大のひょうが降り、稲籾は脱粒し、収穫は半作くらいになったという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、119頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹
NO.
愛媛4087

よく似た災害

寛喜3年の異常低温

寛喜3年(1230)夏と秋に寒冷が続き、異常な災害となった。6月になっても雪や霜が降り、作物や穀類は大いに枯死したと、古事録「災害異誌」に残されている... 続きを読む

大正元年の降雹

大正元年(1912)4月19日、空豆大のひょうが降り、農作物の被害大。屋根瓦・ガラスの破損もあった。(「町史年表」による) 続きを読む

大正元年の降雹

大正元年(1912)4月19日、空豆大のひょうが降り、麦作に被害大。 続きを読む

大正2年の降雹

大正2年(1913)4月、梅の実大のひょうが降り、農作物に甚大な被害を与えた。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日夜、点灯後に戸や障子ががたがたと鳴り出した。やがて音は小さくなったが鳴りやまず、海軍の演習だという者もあり、遠い所の地震... 続きを読む