昭和29年の台風

災害年月日
1954年09月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月の台風により、本村被害甚大。家屋の全壊7軒、半壊8軒、その他学校民家の屋根瓦の飛散多数、稲作、村有林倒木等の被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、120頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛4090

よく似た災害

昭和46年の台風10号

昭和46年(1971)8月20日、台風10号が今治市付近を通過し、津倉小学校の校庭の巨木・ヒマラヤシーダーが倒れ、吉海中学校の校舎の屋根瓦がはがれ、亀... 続きを読む

昭和46年の台風10号

昭和46年(1971)8月20日、台風10号が今治市付近を通過し、津倉小学校の校庭の巨木・ヒマラヤシーダーが倒れ、吉海中学校の校舎の屋根瓦がはがれ、亀... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、工場の煙突の倒壊、家屋の屋根瓦の落下など相当の被害が出た。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が瀬戸内海を通過し、波止浜での最大風速は30.5mを記録した。玉川町内では家屋の全半壊13戸、破損348戸... 続きを読む

大正14年の暴風

大正14年(1925)3月14日早暁、暴風が起こり、建築中の家屋倒壊2、3戸のほか、屋根瓦の飛散、塀の倒壊などは枚挙にいとまがない。大正13年に落成し... 続きを読む