昭和35年の大火

災害年月日
1960年03月20日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
火災  
概要
昭和35年(1960)3月20日、滑川地区郷で大火があった。突風にあおられて8戸24棟全焼、老母1人、牛2頭、山羊2頭、綿羊1頭、鶏多数焼死、米穀、医療、農機具等を焼失した。火はさらに裏山に延焼し、山林250町歩を焼失し、翌21日午前3時鎮火した。罹災者44人、損害1億5,000万円と言われている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「続 川内町誌」(川内町、1968年)、15-16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 山火事 滑川 死者
NO.
愛媛4100

よく似た災害

昭和63年12月の山火事

昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼... 続きを読む

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日午後、小高坂村越前町から出火し、たちまち東方に延焼し、火は城中の本丸、二の丸、三の丸など城楼全てを焼失し、侍屋敷250軒... 続きを読む

昭和3年2月の火災

昭和3年(1928)2月22日午後1時頃、名西郡阿野村阿川(神山町)の山林から出火、烈風下のため火は燃え広がり、同村並びに隣接する麻植郡の山林の一部に... 続きを読む

昭和35年の大火

昭和35年(1960)3月20日、滑川字郷で大火災が起こった。突風により8戸の家屋が全焼し、老母1人、家畜数頭が犠牲となった。その火は山林に燃え移り、... 続きを読む

昭和10年の中藤川の大火

昭和10年(1935)3月14日午後1時30分、父野川地区中藤川の山林から出火し、北西の強風にあおられ、20分間に21戸の草葺の住家と17戸の非住家を... 続きを読む