享保14年の台風

災害年月日
1729年10月06日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)9月14日、松山暴風雨により、石手川堤防決壊。
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 石手川 堤防決壊
NO.
愛媛4113

よく似た災害

明治21年の台風

明治21年(1888)9月11日、暴風雨により、横河原・田窪の堤防決壊8箇所。石手川堤防決壊により死者10人、石手村ほか4ヶ村浸水。川上村で重信川堤防... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)閏7月15日、洪水により、石手川堤防大破壊、田畑・家屋の流失夥しく、死人72人。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛文5年の台風

寛文5年(1665)7月、暴風雨により、石手川堤防の保免側決壊。 続きを読む

享保7年の台風

享保7年(1722)6月23日、松山暴風雨、被害甚大、死者88人。(「松山叢談」による)「垂憲録拾遺」によると、海岸・池・川野堤防の決壊・破損箇所の長... 続きを読む

享保14年9月の台風

享保14年(1729)9月14日、暴風雨により、郡内で3,389石余減収、潰家121軒、堤防決壊68箇所2,531間、死者1人。(「国府叢書」による)... 続きを読む