寛政9年の大火

災害年月日
1797年00月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
火災  
概要
寛政9年(1797)、南方の大火で40戸焼ける。
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 南方
NO.
愛媛4125

よく似た災害

昭和28年の大火

昭和28年(1953)2月16日、大火で古町の47戸が焼ける。 続きを読む

寛政4年の大火

寛政4年(1792)12月20日、須崎大火、201戸焼失。糺町より出火し、古市町へ飛火、浜町、新町、高須までに及ぶ。八幡宮も焼失。 続きを読む

寛政8年12月24日の火災

寛政8年(1796)12月24日、大火により、木岐浦は残らず焼けた。(「三岐田町史」による) 続きを読む

寛政11年の火災

寛政11年(1799)11月8日、上ノ加江浦で大火、70戸焼失。(「中土佐町史」による) 続きを読む

寛政10年の大火

寛政10年(1798)1月17日、美馬郡脇町落久保で大火、44世帯罹災。(「脇町誌」による) 続きを読む