昭和18年7月の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~23日の台風による総雨量は松山で540ミリ、死傷・行方不明261人、家屋3,516戸、氾濫2,000町歩。川内町則之内で山津波により村内木橋全流失、水田流失。
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、64頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 則之内 山津波
NO.
愛媛4197

よく似た災害

昭和9年の水論

昭和9年(1934)、南方と則之内が三島下井堰で水論。(「川内町新誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、キジア台風により、死者・不明6人、水田流失99町歩。川内村の耕地44%被害。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月8日、阿久根台風により大雨400ミリを超える。田畑の流失・埋没719町歩。村内で表川決壊、橋梁流失、道向・吉久の水田流失。... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号により、重清村では中島地区を中心に、住宅の全壊7戸、半壊9戸、流失3戸、床上浸水139戸、水田流失3町歩、... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風により大洲・喜多郡内では至る所で水害、山津波等に見舞われた。被害は、死者46人、家屋の倒壊678戸、半壊345戸... 続きを読む