享保6年の洪水 

災害年月日
1721年08月07日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)7月15日、石手川が氾濫。
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、305頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川
NO.
愛媛4258

よく似た災害

寛文13年の洪水

寛文13年(1673)6月27日、石手川が氾濫して、松山の城下町が洪水に見舞われた。これ以後、天井川化した石手川は度々氾濫して、田畑を押し流した。 続きを読む

明治45年の洪水

明治45年(1912)、大雨で石手川が氾濫し、中村橋が流失した。 続きを読む

享保14年9月の台風

享保14年(1729)9月14日、大風雨(台風)により、石手川が楢見観音堂前で切れ、家々流れ損亡。 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)、石手川が氾濫し、城下町の人たちが掘端の堤の上に避難するほどの大混乱を呈した。 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月、洪水のため石手川が氾濫して、堤防が決壊した。これにより、流失家屋889軒、死者72人、山崩れ29,220箇所に及ぶ被害が出た... 続きを読む