明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日、台風により石手川の堤防決壊、櫛生村の山岳崩壊などで死者80人の被害を出した。この台風の被害により、松山測候所設立の気運が高まり、明治21年に県議会で測候所設立を可決し、23年1月1日から観測開始となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松前町誌編集委員会編「松前町誌」(松前町、1979年)、37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 石手川 堤防決壊 山岳崩壊 死者
NO.
愛媛4262

よく似た災害

明治33年8月の台風

明治33年(1900)8月19日、台風が瀬戸内海西部を北上した。風と雨はあまり強くなかったが、18時の満潮時には平常の満潮水位よりも1mも潮が高く、海... 続きを読む

明治36年4月の濃霧

明治36年(1903)4月、湿度が高く、濃霧が例年より多かった。被害不詳。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による) 続きを読む

明治33年の台風

明治33年(1900)9月27日、暴風雨により、大川郡の被害大。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

明治23年の豪雨

明治23年(1890)7月1日から4日にかけて、低気圧が瀬戸内海に停滞し、1日から連続降雨となり、特に3日は豪雨となった。(「愛媛県史概説」、松山測候... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が襲来し、午後8時40分に松山測候所では瞬間最大風速42mを記録した。 続きを読む