大正12年の洪水

災害年月日
1923年07月11日
市町村
愛媛県松前町
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)7月11日~12日の大雨により、12日午後に石手川が決壊し、80余町の水田流失した。大谷川の出水も甚だしく、消防団員が総出動し、郡中署からも所長以下現場に出動し、警戒に努めた。矢取川も出水して神崎伊予神社付近に濁流が氾濫し、松前方面の稲に被害を与えた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松前町誌編集委員会編「松前町誌」(松前町、1979年)、37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 石手川決壊 大谷川 矢取川
NO.
愛媛4263

よく似た災害

大正13年の台風

大正13年(1924)10月8日、台風が南九州に上陸し、四国、紀伊の沿岸をかすめた。台風により第17号駆逐艦榎が下ノ加江港外で破損し、浦分青年団、住民... 続きを読む

大正12年の洪水

image

大正12年(1923)7月11日、数十年来の大降雨があり、小田川の増水は甚だしく、字上村新川筋堤防決壊2箇所、矢ヶ谷・鳥越方面の高い道路さえ数寸の流水... 続きを読む

大正12年の洪水

image

大正12年(1923)7月11日、数十年来の大降雨があり、小田川の増水は甚だしく、字上村新川筋堤防決壊2箇所、矢ヶ谷・鳥越方面の高い道路さえ数寸の流水... 続きを読む

大正3年1月の暴風

大正3年(1914)1月2日、県下暴風。青島青年団員13人が漁船救助に出動し、行方不明となる。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、土器川堤塘決壊4箇所57間、排水堤塘決壊4箇所100間。22日午前9時頃より浸水し始め、23日午前1時には土器村の8~... 続きを読む