明治42年の山火事

災害年月日
1909年04月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
火災  
概要
明治42年(1909)4月、下灘村大字串で原因不明の火災が発生し、山林3町6反余が焼失した。
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、26頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 串
NO.
愛媛4544

よく似た災害

明治8年5月の山火事

明治8年(1875)5月、下灘村大字大久保で失火による火災が発生し、山林1町5反歩が焼失した。 続きを読む

明治8年12月の山火事

明治8年(1875)12月、上灘村大字上灘字日ノ地で原因不明の火災が発生し、山林20町歩余焼失した。消防従事中の6人が焼死した。 続きを読む

昭和10年の山火事

昭和10年(1935)3月15日午後7時頃、下灘村大字串字ヌタノモトの山林より出火した。郡内及び喜多郡からも消防団員が出動したが、強風のため付近の山林... 続きを読む

昭和40年の山火事

昭和40年(1965)8月29日、当浜地区の山林で火災が発生し、約10haが焼失し、町内消防団が出動した。 続きを読む

昭和28年1月の山火事

昭和28年(1953)1月3日正午頃、下灘村の通称サジボウ山からたき火による失火で山火事となった。晴天続きの上、烈風のため付近の杉枝、枯れ枝に引火し、... 続きを読む