昭和10年の山火事

災害年月日
1935年03月15日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
火災  
概要
昭和10年(1935)3月15日午後7時頃、下灘村大字串字ヌタノモトの山林より出火した。郡内及び喜多郡からも消防団員が出動したが、強風のため付近の山林に延焼し、309町3反余が焼失して、16日午前7時に沈下した。損害11万2千円程度。
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、26頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 串
NO.
愛媛4545

よく似た災害

昭和49年の山火事

昭和49年(1974)3月2日14時5分、中田町東山遠見ヶ原付近の山林より出火、約6haの山林に延焼し、一部は徳島地区にも及んだ。全消防団が延9時間に... 続きを読む

昭和3年2月の山火事

昭和3年(1928)2月22日午後3時頃、名東郡八万村(徳島市八万町)の山林から出火、烈風にあおられ、徳島市の方向に延焼した。火は翌23日夜まで燃え続... 続きを読む

昭和35年の檜生原の山火事

昭和35年(1960)2月3日、大正町吉川の国有林から出火し、窪川町檜生原に延焼し、窪川町消防団が出動した。翌4日に鎮火した。 続きを読む

昭和15年の山火事

昭和15年(1940)3月23日午後2時頃、池田村の山林から出火した山火事は、西風にあおられて西村の竹生の山林に延焼した。西村の警防団員や地域の人々が... 続きを読む

昭和8年の山火事

昭和8年(1933)5月13日午前6時頃、美馬郡東祖谷山村(三好郡東祖谷山村)菅生の山林から出火、強風下のため、剣山西方の連邦から同村名頃方面、一宇村... 続きを読む