明治6年の台風

災害年月日
1873年09月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1874)9月、双海地方に来襲した暴風雨により、上灘川の上流が54箇所決壊し、川の中に土砂が山をなしたと記録されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 上灘川決壊
NO.
愛媛4551

よく似た災害

明治6年の台風

明治6年(1873)9月、暴風雨により、上灘川の上流が54箇所決壊し、川の中に土砂が山をなしたと記録されている。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日、台風による豪雨のため、重信川の堤防が下林など6箇所で決壊した。広い沃野に土砂が流れ込み、耕地1,300haが流失し、... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水では、石手川の堤防決壊により「石手村ほか4箇所で浸水、溺死者十数人、重信川上村で堤防決壊、温泉郡内の被害甚大であ... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日、9月10日、17日、24日と4回の台風が襲来し、物部川の堤防が300間と150間の2箇所決壊した。 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、北奉公人町1丁目から出火し、西風にあおられて大火となった。「南路志」ではこの火事で町中でやっと13軒... 続きを読む