平成5年の長雨

災害年月日
1993年05月29日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
平成5年(1993)5月29日、梅雨入り後、記録的な長雨となった。気象庁は7月29日に梅雨明けを宣言したものの、8月に入っても雨天と曇天が続き、9月1日に「今年は梅雨明けが決められない」と梅雨明け宣言を撤回するほどの異常さであった。6月から9月にかけての4ヶ月間の降雨量は1,387.4ミリで、1年間の平均降雨量を超えた。多雨、日照不足、冷夏で野菜が不足し、高騰した。また、ミカンの糖度も低下し、価格に影響した。なお、長雨による町道、農地、農道、林道等への被害は51箇所1億3,957万円に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、21-22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 梅雨明け 日照不足 冷夏
NO.
愛媛4559

よく似た災害

明治38年の長雨

明治38年(1905)6月、梅雨入り後、降雨が連続し、特に東部から嶺北で大雨となった。月雨量は大栃972ミリ、本山964ミリ、大田口940ミリを記録し... 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)、長雨が6月10日まで続き、日照不足のため、農作物に大きな被害があった。 続きを読む

昭和21年の長雨

昭和21年(1946)6月~7月、多雨が続き、日照不足は5月~6月に顕著であった。このため、麦作はかなりの減収となった。 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)6月14日~26日、陰性の梅雨が連日続き、日照不足のため麦作に大被害があった。 続きを読む

昭和55年の長雨・低温

昭和55年(1980)夏、異常気象により長雨と低温が続き、日照不足だったため、農作物への被害が心配された。しかし、9月に入ってからは良い天候に恵まれ、... 続きを読む