昭和10年の台風

災害年月日
1935年09月24日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)9月24日、前日来の風雨で、風浪はますますつのり、24日午前3時頃に北東の激浪が狂奔し、桟橋の動揺が最も激しくなった。長浜救難所の救助員の助力のもとに排水防御作業が行われたが、夜半になって桟橋の傾斜がますます加わり、浸水が激しくなり、25日午前6時頃に桟橋は沈没した。(「長浜郷土誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 長浜郷土誌
NO.
愛媛4573

よく似た災害

昭和25年の台風

昭和25年(1950)9月2日夜、ますます激しくなった暴風は豪雨を伴い、佐川町鳥の巣の婦人が丸山川の濁流に落ちて水死した。 続きを読む

昭和25年の台風

昭和25年(1950)9月2日夜、台風がますます激しくなり、豪雨により尾川川が氾濫し、家屋、田畑に甚大の被害があった。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日にはますますその度を加え、22日に最も甚だしくなり、被害も多かった。 続きを読む

昭和25年の台風

昭和25年(1950)9月2日夜、暴風雨はますます激しく豪雨を伴ったため、鳥の巣の婦人が丸山川に落ちて死亡した。 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)8月16日午前11時頃から東風が激しくなり、午後6時に暴風雨になる。翌日4時頃には風雨とも収まった。この暴風雨で、栗林村では家屋... 続きを読む