昭和13年の洪水

災害年月日
1938年08月01日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)8月1日、肱川大出水により、本村の浸水家屋100戸に及んだ。加屋堤防が決壊した。(「白滝小沿革誌」による)住宅・宿直室は床上約30cm位浸水し、付近の青年、消防団の応援を得て片付けた。(「柴小沿革誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 肱川 加屋堤防決壊 白滝小沿革誌 柴小沿革誌
NO.
愛媛4574

よく似た災害

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月10日、再度の出水のため、櫛生小学校の運動場の一部が流失し、大豆畑5畝、甘藷畑4畝が流れた。(「櫛生小沿革誌」による)堤防... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

image

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風により、水深は白滝小学校の校門で46cm位、公民館前で9.856mに達した。(「白滝小沿革誌」による)大雨の... 続きを読む

昭和18年9月の洪水

昭和18年(1943)9月24日、前日来の降雨のため出水し、櫛生小学校は校舎床上30cm浸水した。3年教室には土砂が流入し、運動場も3分の1が流失した... 続きを読む

昭和18年7月の洪水

image

昭和18年(1943)7月24日、洪水により、白滝小学校では階下教室に浸水し、奉安殿の浸水も心配されるためご真影を奉還し、重要書類を二階に移した。水位... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)、台風10号が襲来し、櫛生小学校ではガラス30枚、瓦150枚、温室の屋根を破損し、屋外拡声器1戸が吹き飛んだ。(「櫛生小沿革誌」... 続きを読む