元禄元年の洪水

災害年月日
1688年06月27日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
元禄元年(1688)5月30日、大洲の観測地点で水位2丈3尺。(「伊予史談202号」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
肱川町誌編纂会編「新編 肱川町誌」(肱川町、1977年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 伊予史談
NO.
愛媛4904

よく似た災害

元禄2年の洪水

元禄2年(1689)7月17日、風雨、洪水により、大洲の観測地点で2丈3尺8寸。(「加藤家譜」による) 続きを読む

延享元年の洪水

延享元年(1744)8月10日、出水により、大洲の観測地点で2丈2尺。(「加藤家譜」による) 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)8月19日、風雨、出水により、大洲の観測地点で2丈4尺2寸。(「愛媛県史近世上」による) 続きを読む

文化元年の洪水

文化元年(1804)8月26日~29日、大風雨、出水により、大洲の観測地点で2丈9尺5寸。死者6人、潰家361軒。(「愛媛県史近世上」による) 続きを読む

元禄元年5月の洪水

元禄元年(1688)5月30日、大洲の水位2丈3尺。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む