寛文6年の洪水

災害年月日
1666年08月03日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)7月3日~4日、まれにみる大暴風雨、大洪水により、人畜・田畑の損傷甚だしかった。惣川の船戸神社社頭に洪水が溢れたものの、社殿は流失しなかった。(「野村町郷土誌」による)
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 惣川 船戸神社 野村町郷土誌
NO.
愛媛5020

よく似た災害

寛文元年の洪水

寛文元年(1661)7月20日、鏡川の洪水が江の口川の上流部のどこかに流入したため、上町の袋町に洪水が浸入し、郭中境の新越戸付近の堤防が危険な状態とな... 続きを読む

天正元年の洪水

天正元年(1573)9月17日、洪水があり、柳森神社は籠田郷の旧社地が崩壊して二神の像が漂流して、今の社地の柳木の上に懸かった。(「伊予温故録(柳森神... 続きを読む

明治39年の地震

明治39年(1906)5月22日、伊予灘を震源とするM6.5の地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出た。家屋は激しく揺れたが、倒壊... 続きを読む

明治39年の地震

明治39年(1906)5月22日、瀬戸内海中部を震源とする地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出るなどした。家屋はひどく揺れたが、... 続きを読む

寛文10年の洪水

寛文10年(1670)6月、御荘に大洪水があり、田畑の被害が大きかった。 続きを読む