昭和24年のデラ台風

災害年月日
1949年06月17日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
昭和24年(1949)6月17日~22日、デラ台風に伴う暴風雨、波浪により、大島の西側、佐田岬、町見等に被害があった。また、塩成沖に出漁中の日振島・戸島の漁民に多くの死者が出た。(「愛媛県史概説下」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1987年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
デラ台風 日振島 戸島 死者 愛媛県史概説
NO.
愛媛5093

よく似た災害

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月20日午、デラ台風により、南予地方海岸部及び宇和島に出漁中の漁船などは甚大な被害を受けた。行方不明800人の大半が日振島のい... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、漁民出漁中の惨事で、多数の死者が出る。通路寸断、渡岸決壊流亡。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、三瓶町では夜半2時頃より風雨が強くなり、出漁中の周木、長早、二及、垣生の漁船約15隻の安否が気づかわ... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月5日、台風が紀州沖を通過、6日九州中部を横断し、東シナ海に出た。宇和海は相当にしけた。(「愛媛県史概説」による)川之石の漁船... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風による県下の総降水量は100~200ミリであったが、台風が時速60kmの超速で接近してきたため、沿岸地方では... 続きを読む