昭和38年の大雪

災害年月日
1963年01月09日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
雪害  その他(異常低温)  
概要
昭和38年(1963)1月7日から27日まで、八幡浜・西宇和・東宇和地方では空前の長期降雪が続き、積雪量は30cmに達し、農作物は大被害を受けた。夏柑は農家の除雪作業の効もなく19日間にわたる降雪と異常低温のため、落果、落葉など被害は甚大であった。保内町の夏柑の被害は288ha、減収4,538トン、被害金額1億5,692万円にのぼり、天災融資法の適用を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編集委員会編「保内町誌」(保内町、1973年)、38-39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 異常低温 天災融資法
NO.
愛媛5115

よく似た災害

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月9日から27日まで長期間にわたる大雪で、積雪量は30cmに達し、農作物は大被害を受けた。夏柑は農家の除雪作業の効もなく19日... 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月、豪雪及び低温。全国的な豪雪で三八豪雪と言われた。夏柑等の被害額が7,000万円にのぼり、天災融資法の適用を受けた。(「伊方... 続きを読む

昭和38年の豪雪・低温

昭和38年(1963)1月、豪雪及び低温により、山間部と南予で果樹と野菜に大打撃。最大風速は18日に宇和島で24.2m、21日に佐田岬で29.8m。(... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月31日、降雪があった。異常低温を伴ったため、農作物や林業に多大の被害を与え、被害額は8億7,000万円に達した。しかし、15... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)6月、長雨による農作物の被害は甚大であった。天災融資法の適用を受けた。 続きを読む