寛文6年の風雨

災害年月日
1666年08月03日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)7月3日~4日、前代未聞の大風雨被害。(「宇和島吉田両藩誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 宇和島吉田両藩誌
NO.
愛媛5117

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、4日、前代未聞の洪水あり、損害あげて数うべからず。(「郡鑑」による)/前代未聞の大風雨被害。(「宇和島吉田両藩誌」による... 続きを読む

寛文6年の台風

寛文6年(1666)7月4日、前代未聞の大風被害。(「伊予風水害小史(宇和島吉田両藩誌)」による) 続きを読む

寛文13年の洪水

寛文13年(1673)5月、大洪水。(「宇和島吉田両藩誌」による) 続きを読む

文化6年の風雨

文化6年(1809)夏、大風雨により、損耗23,000石。(「宇和島吉田両藩誌」による) 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日~4日、前代未聞の大風雨被害。松山、宇和、大洲地方、大洪水となる。吉田領では米俵7,500俵水損。(「郡鑑」による) 続きを読む