平成元年の台風22号

災害年月日
1989年09月19日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  
概要
平成元年(1989)9月19日、台風22号は大隅半島に上陸後、四国沖を通過した。大雨、竜巻をもたらした。総降水量は成就者で160ミリ、三崎で150ミリを記録した。(松山気象台資料による)保内町では降水量76ミリで、床下浸水30戸、農道破損4カ所の被害が出た。(保内町役場統計台帳による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、40-41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 竜巻
NO.
愛媛5147

よく似た災害

昭和57年の台風19号

昭和57年(1982)8月24日~25日、台風19号が宇和島市付近に上陸し、大洲付近を通過した。南予の降水量は200~300ミリとなり、死者2人、負傷... 続きを読む

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)7月、干ばつ。保内町では3か月間の降水量が150ミリ。(保内町役場資料による)7月15日には干害対策本部を設置した。10月9日の町... 続きを読む

昭和53年の豪雨

昭和53年(1978)6月6日、強雨。中山で1時間降水量58ミリ、死者1人、負傷2人。(松山気象台資料による) 続きを読む

昭和53年の干ばつ

昭和53年(1978)9月、干ばつ。保内町の7月1日よりの降水量36ミリ。(保内町役場資料による) 続きを読む

平成元年8月の豪雨

平成元年(1989)8月26日~27日、保内町で119.5ミリの豪雨、農道10箇所損壊。(保内町役場統計台帳による) 続きを読む