弘化3年の台風

災害年月日
1846年08月30日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月9日暁より風が起こり、昼に激しくなって、倒家、破船、折木は数えられないほどで、未曾有の風速のため惨憺を極めた。世に午年の大風という。(「伊予風水害小史(宇和島覚書)」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、25頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 午年の大風 伊予風水害小史 宇和島覚書
NO.
愛媛5231

よく似た災害

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月9日、未曾有の風速により、惨憺を極めた。世に午年の大風という。(「宇和島藩記録」等による) 続きを読む

弘化3年の洪水

弘化3年(1846)6月25日、28日、7月9日、18日、風雨、水層26尺。(「大洲藩譜」による)/7月9日暁より風起こり、昼に至りて激甚、倒家、破船... 続きを読む

弘化3年の洪水

弘化3年(1846)7月9日、大風雨(午年の大風)、洪水。(「伊予風水害小史」による) 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月9日暁より風が起こり、昼に激しくなって、家が倒れ、船が壊れ、木が折れること多かった。世に午年の大風という。(「伊予風水害史」に... 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月9日暁より風が起こり、昼に激しくなって、家が倒れ、船が壊れ、木が折れること多かった。世に午年の大風という。(「伊予風水害史」に... 続きを読む