明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日朝、台風は九州南部に達し、豊後水道の南部を経て、15日四国沖を南東方に去った。四国地方の被害は甚大で、特に東予の被害は甚だしかった。両陛下は侍従を差し遣わし、視察させられた。(「愛媛県誌稿」による)宇和島の総降水量192ミリ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県誌
NO.
愛媛5248

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、雨量192ミリを記録。四国地方の被害甚大、特に東予地方甚だし。両陛下、片岡侍従を差し遣わし視察せらる。... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、大暴風雨が襲来した。午後10時頃、風向が西に変わって、猛烈な台風となり、樹を折り家を倒した。多度津測候所の観測による... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川筋では出水し、堤防が数箇所決壊したため、堀江、松茂、大津の各村は大海のようになった。同日午後11時頃に、前記各村... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川筋では出水し、堤防が数箇所決壊したため、堀江、松茂、大津の各村は大海のようになった。同日午後11時頃に、前記各村... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、大風が襲来した。朝から天候が急変し、次第に険悪になり、午後8時頃、東方の烈風は雨を交え雷光が閃々として、9時頃に風向... 続きを読む