明治29年の台風

災害年月日
1896年08月18日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月18日、台風は豊後水道沖より足摺岬に上陸し、瀬戸内、松江付近を通り、日本海に去った。県下は全般に暴風雨に見舞われ、被害多かった。(気象台資料、「愛媛県史概説」による)八幡浜の総降水量150ミリ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5251

よく似た災害

明治35年の台風

明治35年(1902)9月8日、台風により、松山で最大風速10.7m、県下全般に暴風雨に見舞われた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日22時、台風は宮崎付近に上陸し、そのまま北に進んで日本海に出た。県下全般に暴風雨に見舞われた。(「愛媛県史概説」による)... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、愛媛県は全般に暴風雨となった。16日~17日の総降水量は島嶼部で100ミリ、東予の平坦部で250ミリ... 続きを読む

明治9年の台風

明治9年(1876)8月25日、暴風雨により、倒壊・浸水の家屋が多かった。(高松気象台の資料による) 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月22日~23日、暴風雨が襲来。日照り続きで困った後に暴風雨が来たので、農作物に被害が出た。特に稲作の被害が多かった。 続きを読む