昭和3年の台風

災害年月日
1928年08月29日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和3年(1928)8月29日夜半、台風は種子島を経て、豊後水道を北上し、30日6時に佐田岬を通り、広島、松江を経て日本海に出た。この台風は強烈で、29日の一日降水量は南予及び東予で200ミリ前後、海上の風速は30m近くの暴風となり、防波堤の破損・崩壊、河川の氾濫などの被害が出た。(「愛媛県史概説」、気象台資料による)宇和島の最大風速19.8m、宇和島の総降水量212ミリ。28日及び29日、暴風雨、船いたむ。(「町見郷土誌(阿部記録)」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説 町見郷土誌 阿部記録
NO.
愛媛5270

よく似た災害

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月24日夜半、台風は足摺岬に上陸し、愛媛県東部、岡山県を経て日本海に出た。24日から25日にかけて暴風雨となり、相当の被害を受... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月16日10時、台風は熊本付近に上陸し、九州北部を通過し、17日朝広島を経て、若狭湾に出た。(「愛媛県史概説」による)宇和島の... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日朝、台風は足摺岬付近に上陸し、清水測候所では台風の目に入り、5時10分に最低気圧711ミリを観測した。台風は9時に岡山... 続きを読む

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風は宿毛市付近に上陸し、岡山、鳥取を経て、21日日本海に出た。愛媛県下では19日より風雨が強くなり、20日は暴風雨... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日17時頃、台風は足摺岬付近に上陸し、徳島県西部を通って北東に去った。愛媛県下では暴風雨となり、災害を受けた。(「愛媛県... 続きを読む