昭和16年の台風

災害年月日
1941年08月15日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)8月15日早朝、台風は土佐沖から沿岸に上陸し、四国、中国を北に進み、日本海に出た。愛媛県下では14日夜から暴風雨となり、16日まで続いた。特に東予及び南予では甚だしかった。(「愛媛県史概説」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5280

よく似た災害

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月10日夜半から11日にかけて暴風雨となり、大被害が出た。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日夜から暴風雨のため、増水した河川は氾濫して大洪水となり、延野々、松丸、吉野の沖台は一面の湖となり、祝井は孤立して中州と... 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日夜から暴風雨のため、増水した河川は氾濫して大洪水となり、延野々、松丸、吉野の沖台は一面の湖となり、祝井は孤立して中州と... 続きを読む

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風により、伊方村では午前10時頃から暴風雨となり、総降水量は455ミリとなった。(伊方観測所記録による) 続きを読む

明治17年8月26日の台風

明治17年(1884)8月26日、台風が九州、中国を横断し、日本海から東北に再上陸し、全国的に被害が甚大であった。徳島県では25日18時から暴風雨が激... 続きを読む