大正9年6月の豪雨

災害年月日
1920年06月27日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)6月27日、低気圧が九州南西沖から北東に進んで松山付近を通過したため、八幡浜、宇和島方面で集中豪雨があった。(「愛媛県史概説」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 愛媛県史概説
NO.
愛媛5333

よく似た災害

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月7日、豪雨により、八幡浜・宇和島方面で集中被害があった。 続きを読む

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月27日、豪雨により、雨量186ミリを記録。八幡浜、宇和島方面に集中豪雨。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月27日、豪雨により、八幡浜、宇和島方面に集中被害。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風は大隅半島に上陸し、同夜九州北部を通過し、中国西部を経て日本海に出た。高潮があった。宇和島の総降水量279ミリ。(「... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月16日10時、台風は熊本付近に上陸し、九州北部を通過し、17日朝広島を経て、若狭湾に出た。(「愛媛県史概説」による)宇和島の... 続きを読む