昭和31年の台風

災害年月日
1956年09月09日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和31年(1956)9月9日午後10時、台風が来襲、10日は引き続き暴風となったが、午後には平穏になった。雨量は少なかったが、潮風のため農作物の被害は甚大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5456

よく似た災害

昭和31年の台風12号

昭和21年(1956)9月9日18時、台風12号の警報が発令され、22時に台風が襲来した。10日、前夜に引き続き暴風となり、午後平静となった。雨量は少... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が鹿児島県に上陸し、九州を北上した。雨量は少なかったが、稲の開花期に当たりカラ風のため、明治32年以来の大被害となっ... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により風速20m以上の暴風雨となったが、大型台風の割には被害は少なかった。須崎付近の雨量は200~300... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により午後4時頃から10時頃まで最も激しい豪雨となった。特に南方山岳部の雨量が多く、大小諸川は氾濫して、堤防、... 続きを読む