昭和32年の台風14号

災害年月日
1957年09月06日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和32年(1957)9月6日18時40分、台風14号に伴い、伊方町では暴風雨・高潮警報が発令され。7日13時14分に警報は解除された。風はあまり強くなく、豪雨により被害大。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
愛媛5457

よく似た災害

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月3日夜半頃から、台風23号の来襲により暴風雨となった。4日午前6頃、台風は伊方村付近を通過し、中国の西部に進んだ。午後7時... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日、町見村では台風5号に伴う暴風警報が発令され、消防団が出動して海岸を警備した。午後6時警報が解除された。20日、床下浸... 続きを読む

昭和27年のダイナ台風

昭和27年(1952)6月23日、ダイナ台風が土佐沖を東進した。町見村では、23日に暴風警報が発令されたが、午後4時59分解除された。(「町見村日誌」... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月16日、台風19号の接近により、大雨洪水警報が発令され、午前4時50分に町水防本部設置。9月18日に台風が通過し、午前4時に警... 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日夕刻から、高知県は局地的な豪雨に見舞われた。土佐山田町繁藤では山崩れにより死者58人、行方不明2人の災害が起きた。須崎地... 続きを読む