大正4年の豪雨

災害年月日
1915年06月25日
市町村
愛媛県肱川流域
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)6月25日、肱川流域で200ミリ以上の降水があったが、被害の詳細は不明。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
愛媛5493

よく似た災害

大正4年の豪雨

大正4年(1915)6月24日、低気圧が北上して県下に豪雨をもたらし、肱川流域で200ミリ以上の降水があったが、被害の詳細は不明。(「愛媛県史概説」に... 続きを読む

大正2年の山火事

大正2年(1913)、泉谷の通称ゴンジヤク付近より出火。詳細は不明。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月10日及び25日、台風により、宮窪でも多大の被害があった。詳細は不明であるが、友浦上の浜、大崎、鹿老渡では田畑、家屋の流失が... 続きを読む

大正9年8月の豪雨

大正9年(1920)8月9日、豪雨により、総降水量は南予及び山岳部で200ミリを越し、被害があった。 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)8月29日及び9月2日、台風が相次いで九州南部より愛媛県を通り、北東に去った。南予の総降水量は200ミリから400ミリで、被害が... 続きを読む