昭和33年の豪雨

災害年月日
1958年07月02日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和33年(1958)7月2日~3日、豪雨により、四国・九州で被害。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
愛媛5514

よく似た災害

昭和37年6月の豪雨

昭和37年(1962)6月7日~10日、豪雨により、県下全域で被害を受けた。また、12日~16日、豪雨により、東予、南予で被害が出た。さらに、24日、... 続きを読む

昭和25年の豪雨

昭和25年(1950)5月2日、豪雨により、南予で被害甚大。 続きを読む

昭和23年の豪雨

昭和23年(1948)8月26日、豪雨により中南予で被害激甚。 続きを読む

昭和63年の豪雨

昭和63年(1988)6月2日朝から3日午前7時までに、豪雨により、上名で159ミリ、祖谷口で126ミリを記録し、道路、河川で被害。 続きを読む

大正12年の豪雨

大正12年(1923)7月11日、豪雨により、中南予で被害甚大。 続きを読む