昭和38年4月の長雨

災害年月日
1963年04月28日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)4月28日から7月中旬までの長雨により、麦は明治以来の不作となり、柑橘、野菜にも大被害が出た。農林水産関係損害見積額37億円、土木関係損害見積額1,700万円、農作物被害1億1,000万円となり、天災融資法の適用を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、51頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 天災融資法
NO.
愛媛5518

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。県下最大日雨量は6月13日に大森山で168ミリであった。麦は... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。愛媛県土木10年史によると、県の農林水産関係損害額37億円、... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。愛媛県土木10年史によると、県の農林水産関係損害額37億円、... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)により、被害は土木関係721箇所1億8,000万円、漁業関係21箇所6,600万円、港湾関係... 続きを読む

昭和10年6月~7月の洪水

昭和10年(1935)6月26日から7月6日まで雨が続き、この間に100ミリを越す日が7日間となり、洪水害となった。被害は死者9人、負傷者12人、全潰... 続きを読む