昭和36年の大雪

災害年月日
1961年01月01日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
雪害  
概要
昭和36年(1961)1月1日、積雪により大雪解けず、2日県道の雪をブルドーザーで除雪し、3日雪解け始めた。4日、積雪のため夏かんの枝折れ被害甚大。(「伊方町日誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 伊方町日誌
NO.
愛媛5539

よく似た災害

昭和34年の強風・大雪

昭和34年(1959)1月15日~18日、強風と大雪。17日の積雪25~30cm、交通機関途絶、18日積雪35cm、交通機関途絶、19日雪解け始め、船... 続きを読む

昭和31年の大雪

昭和31年(1956)1月9日、大雪により、バス不通のため、町見吏員は支所勤務。(「伊方町日誌」による) 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月、大雪のため、梼原の積雪60cm。(「高知県災異誌」による) 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ沖地震に伴い津波警報が発令され、警戒体制に入ったが、伊方町には被害はなかった。(「伊方町日誌」による) 続きを読む

昭和61年の大雪

昭和61年(1986)1月5日、大雪のため、梼原で38豪雪以来一夜に75cm積雪。(「町史年表」による) 続きを読む